【「タコメーター×機械式時計」の融合!】話題の『ATOWAK(アトワーク)』ブランドについて詳しく解説

おすすめ紹介

こんにちは、マッハです。

最近ネットで話題の面白い時計を発見しました!

ほう、どんな時計ですか?

ガジェット系なデザインです。
名前が確か「アトワーク」って言うんですけど。

知っています!
タコメーターを搭載した斬新な時計ですよね?

そうです!
デザインが好みで目を引いちゃうんですよね。

もう仕方ないですね。
そこまで言うなら解説しましょう

え、はい。(まだ何も言ってないけど…)

ということで、本日は今話題の機械式時計『ATOWAK(アトワーク)』について解説していきたいと思います。

本日の流れは以下のようになっています。

ATOWAK』ってどんなブランド?

香港で生まれた「ATOWAK」の名前の由来はシーザー暗号から来ています。

シーザー暗号とは暗号理論上、もっともシンプルで、広く知られた暗号のひとつです。

「UNIQUE(ユニーク)」な商品を常にコンセプトとしており、UNIQUEを6文字ずらしでシーザー暗号化するとATOWAKになります↓(下図参照)

出典:https://www.makuake.com/project/atowak/

ちょっと難しいですが、まぁそういうものです(笑)

そんな「ATOWAK」の商品特徴は

タコメーター×機械式時計

であり、子供の時に初めてタコメーターを見た時の感動を大人になった今でも体感できるよう機械式腕時計と融合させた腕時計となっています。

クラウドファンディングの商品ページに

スマートフォンやスマートウォッチが普及した今、腕時計は時間を確認するものではなく、ファッションアイテムとなりました真新しい時間の見方をするATOWAKは腕時計で時間を確認する楽しさを取り戻してくれます。

とある通り、スマートフォンやスマートウォッチの登場により、「時計」が果たす役割は変化しました。

それはつまり、時間を確認するというよりも、ファッションアイテムや身だしなみとしての役割が今まで以上に大きくなったということです。

ATOWAK」はそんな時代背景から生まれてきた時計であるとも言えるでしょう。

クラファンで驚異の”3900%”越え!

では、なぜこの『ATOWAK(アトワーク)』というブランドが注目かと言うと、

クラウドファンディングサイトの“Makuake(マクアケ)”にて2020年12月31日(木)に販売開始後、わずか1週間で目標金額の1000%超えを達成したとのこと。

ちなみにマクアケとは、2019年12月に東証マザーズ市場に上場した、今日本で最も注目されているクラウドファンディングサイトです。

現在はさらにその数字を伸ばし、目標金額20万円に対して

787

驚異の3935%超えと多額の支援金が集まっているからです。(2020年2月12日現在)

まだあと15日残しているので、まだまだ支援金は増えそうです。

「タコメーター」って何?

先ほどから「タコメーター」という言葉が出ていますが、一応知らない人のために解説。

タコメーターは、機器において軸の回転数(回転速度)を指示する計器、測定器であり、回転計の一種。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

タコメーターはアメリカ英語の「タコ(thaco)」で、ギリシア語で「速度」を意味する「takhos」に由来するとのことです。

「ATOWAK」はその中でもラジオのようなタコメーターが目立つ製品です。(下図参照)

ATOWAK PRO」モデルについて

では、具体的に「ATOWAK」から発売される時計を見ていきましょう。

今回は以下の2モデルが出るようです。

①ATOWAK(アトワーク)
②ATOWAK PRO(アトワークプロ)

では、まずは『ATOWAKアトワーク PROプロモデル』から見ていきましょう。

通常の「ATOWAK」のモデルよりも『ATOWAK PRO』の方が人気があるそうです。

個人的にもこちらのデザインの方が好きですね。

ATOWAK PRO」の魅力

どうやらデザイン的に先ほどよりも複雑な作りになっていることは伝わっておりますでしょうか。

このデザインはガジェット好きにはたまらないのでは、と感じます。

そしてこの夜行↓

スイス製の夜光パネルを搭載しているとのこと。

暗闇で近未来的な魅力を感じることができます。

そして機械式好きにはたまらないシースルーバック

機械の心臓の鼓動を裏ブタから感じ取ることができます。

さらに個人的には、ローターの形状にまでこだわりがあるのは外せないポイントです。

時間の読み方~時間の暗号化~

ちょっとすみません。
これ時間ってどう読むんですか?

良い質問ですね。解説しましょう!

「ATOWAK PRO」モデルでは、タコメーターで時・分・秒をそれぞれ確認できます。

簡単に言うと、それぞれのタコメーターが

上:時間
真ん中:秒
下:分

とそれぞれ独立したメーターとなっています。

最初は見慣れないのため、「あれ、今何時だ?」という現象が起こるかもですが、慣れれば何てことはない。

「時間を見ること」自体が「暗号を解いている」という感覚になれる、「時間の暗号化」という今までにない目新しさを提供してくれています。

基本スペック

そして基本スペックの確認。

上記にある通り、駆動方式は機械式(自動巻き/手巻き)
ムーブメントはMIYOTAの「Cal.82S0」平均誤差は約±15秒の日差とのこと。

ケースサイズに関しては、「ATOWAK PRO」の方が約42mmと通常の「ATOWAK」モデルよりもが2ミリほど大きく、厚みも13mmと1mm厚くなっています。

そして重さも革バンドで120グラムと多少の重量感を感じますが、ステンレスバンドよりかは軽くて使いやすくなっています。

ガラスは、硬度の高いサファイアガラスを採用。

このガラスは高級時計にも採用されているので、いつの間にかガラスに傷がついている、という心配もかなり軽減されます。

さらに反射防止コーティングをすることで、反射を抑え視認性を向上させています。

ベルトにもこだわりを見せていて、イタリア製の本革を使用。

質の良い革だけあって、最初の段階から硬すぎず腕へのフィット感があるのもポイントです。

カラーバリエーション&価格&ボックス

そしてカラーバリエーションはこちら↓

  1. ブラックゴールド
  2. ブラックレッド
  3. ダークブルー
  4. ギャングレー
  5. ローズゴールドグレー
  6. オリーブグリーン
  7. シルバー

7色展開となっており、豊富なバリエーションから選んでいただけます。

個人的には⑥の「オリーブグリーン」が好きだったり。

販売予定金額は、

67,280

とのことですが、こちらもクラウドファンディングの支援金額によって販売金額に変更の可能性があるとのこと。

ですので実際に購入する際にはもう少し下がっている可能性があります。

そして時計が収納されるボックスがこちら↓

革仕様のしっかりした質感のボックスが時計を引き立てます。

こちらは通常の「ATOWAK」モデルにも同じボックスが付くとのことです。

「ATOWAK」モデルの魅力

続いて、通常の「ATOWAK」モデルについて。

上記の画像から見て分かる通り、タコメーターが特徴の斬新なデザインで、個人的な感覚としては、アップルウォッチを機械式にしたようなデザインという印象でした。

旧車のメーターを彷彿させるデザインで大人の遊び心をくすぐります

こちらもPROと同様に、時間を読むのが楽しくなる、そんな仕上がりになっています。

時間の読み方

時間の確認方法は意外とシンプルで、

時:タコメーター
分・秒:通常の分針・秒針

で確認するのです。

基本スペック

次に基本スペックの確認。

こちらの通常の「ATOWAKアトワーク」もプロと同様に機械式時計(自動巻き/手巻き)になります。

ケースサイズは40ミリで、厚さは12ミリ。
ですので、日本人の腕のサイズに合いやすい標準的なサイズや厚さになっています。

その他(革バンド、ガラス、精度など)に関しては、通常の「ATOWAK」モデルと同じスペックとなっております。

カラーバリエーション&価格

ちなみに先ほど見てきた通り、カラーバリエーションは以下の5カラーの展開。

  1. ガーディアンブルー
  2. ガーディアンブラウン
  3. ガーディアングリーン
  4. マットブラック
  5. シルバー

販売予定金額は

62,080

とのことですが、クラウドファンディングの支援金額によって販売金額に変更の可能性があります。

気になる質問

Q.「ATOWAK」はどこの会社のブランド?

今回紹介した「ATOWAK」というブランドですが、こちらは『株式会社LEVEL1』という会社が日本正規輸入販売代理店として商品を支援者にお届けしているとのこと。

2018年より国内、海外との取引を通じて貿易事業を推進。

国内外のパートナーと共に日本人の嗜好性に基づいた魅力的な商品を発掘し、日本に届ける活動を続けてる企業です。

会社のHPはこちら↓

クラウドファンディングで日本を元気にする会社 | LEVEL1
共有・共感・共創. クラウドファンディングで 世界中の「ワクワク」を日本に伝えたい. . クラウドファンディングを日本進出の足がかりとし 日本販売網の構築を弊社が輸入代理店としてサポートします。

Q.保証について

もしかしたら気になる方もいるかもしれないので、保証に関しては以下の通り↓

ATOWAK製品に対して2年間の長期メーカー保証をお約束しております。正常使用で製品に不具合が発生した際は、日本人スタッフ日本語で対応させて頂きますのでご安心下さい。

とある通り、2年保証があるとのこと。

通常は1年保証が多い中での2年保証はありがたいポイントです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

いやー、「ATOWAK」の魅力が伝わってきます!

こういったタコメーターを搭載した時計は見かけないので、他ブランドに無く斬新ですよね。

一応この記事の公開時点では、まだMakuakeの限定価格で割引価格で買えるとのことなので、気になる方はぜひみてみて下さい!

(※クリックするとMakuakeの商品サイトへ移動します。)

では本日は以上となります。

普段はTwitterでも発信しているので、ぜひ気軽にフォローや記事に関するコメントなどを頂けると嬉しいです。

今回の『ATOWAK』と『ATOWAK PRO』に関して実機のレビューも書かせて頂きましたので、気になる方はぜひ以下も参照してみてください。

以上、マッハでした!

【関連記事】

コメント

タイトルとURLをコピーしました